法人向けパソコンのサービスを提供する企業が多くなり、できるだけ安くて使い勝手の良いパソコンを導入したいときによく利用されるようになりました。その選び方とコストの実態について重要な点を押さえておきましょう。

法人向けパソコンを選ぶときのコツ

法人向けパソコンを導入しても失敗したというケースがしばしばあります。どのような選び方をすると導入に成功できるのでしょうか。法人向けパソコンを選ぶときのコツを理解して、導入を成功に導けるようになりましょう。

目的に応じた機種の選定

法人向けパソコンを購入するときは、まずはデスクトップタイプかノートタイプのどちらを選ぶか決めましょう。もしも、屋内の決められた場所で使うのなら、デスクトップタイプのパソコンを選ぶことで、ノートパソ…

More Info...

カスタマイズするのも合理的

法人向けパソコンを販売するメーカーでは、BTOというシステムを導入していることが多いです。これは、ビルド・トゥ・オーダーのことで、内部のパーツやインストールするOSなどを、カスタマイズできる販売方…

More Info...

導入台数を決めておくのが必須

年々新しいパソコンが登場するなか、会社で使用するパソコンはどんなのが良いか悩むことも多いはずです。スペックにこだわる、動作が軽いほうが良い、持ち運びできてスペースに困らないなど使用用途がはっきりし…

More Info...

製造業で広がる「BTO」は、買い手も売り手も得をする魔法の言葉

BTOとは「Build to Order(意味:受注生産方式)」の頭文字を取った言葉です。この方式では受注してから部品を組み立てて出荷・販売するため、顧客の要望を叶えつつ完成品の売れ残りが減少するというメリットがあります。

法人向けパソコンに関わるコスト

法人向けパソコンを導入するとコストを抑えやすいことが知られています。実際にはどのようなコストがかかるのでしょうか。導入コストとランニングコストという二つの観点から、どのくらいの予算があれば良いのかを説明します。

導入コストはどのくらい?

ランニングコストはかかる?

相見積もりをして決めよう

法人向けパソコンは複数の業者で比較しよう

法人向けパソコンの導入を検討しているときにはできるだけ多くの業者とのやり取りを同時並行で行っていくのが大切です。同じスペックのパソコンを同じ台数だけ依頼したとしても、業者によってコストにはかなりの差が生じることがあります。また、付帯するサービスの違いも大きく、オプションで付けられる内容にも差があるのが実情です。そのため、複数の業者で比較してみると、ある業者にはなかったサービスが別の業者にはあるとわかり、そちらの方が好ましいという判断ができることがあります。逆にあまりにもサービスが手厚いために高くなっているとわかって他の業者に依頼した方が良いとわかることもあるでしょう。業者も他者との差別化のために努力しているので、個々のサービスをよく比較吟味するのが大切です。

最終的には相見積もりで決定しよう

最終的にどこに依頼したらコストパフォーマンスが高いのかを判断するには見積もりを取ってみなければわかりません。導入コストとランニングコストがどの程度になるかは見積もりを取った時点で確定するため、それまでに教えてくれるのは概算された金額なのです。サービス面と概算の金額を見て決められないときには相見積もりをするのが重要になります。同じ内容で複数の業者から見積もりを取って比較してみましょう。その中で最も安いものを選べば良いという判断ができます。ただし、完全に同じ条件にするのは難しい場合もあるので、金額だけを見ずに詳細まで比較して最終確認をした上でどの業者に依頼するかを決定するようにした方が安全策です。

© Copyright Computer Buying Guides. All Rights Reserved.